BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ねたあとに」 2009

ねたあとに (朝日文庫)

★★★★☆

 

 東京の猛暑を避けて涼しい山の別荘で緩く過ごす親子と、その訪問者たち。

 

 張切って何かをするわけでもなく緩く過ごしているだけだけど、だけどやることはちゃんとやっている。布団干しとか料理とか。最低限の決まり事だけ作って、その他の些細な問題は気にしない。でも意外とこういう事って出来ない。何かと張り切って色々してしまって、結局疲れ果ててしまいそうだ。

 

 そんな彼らだがアナログの遊びには情熱をかける。オリジナルの遊びを作り出し、日付を添えて、その結果を記録に残し大事にとっている。既成のものに頼らないで自分たちで面白がって、創意工夫を重ねていくことを楽しんでいる。こういう人たちだから、こういう暮らしが出来るんだろうなと思う。

 

 それにしてもこの親子の他に主人公やその他若い女性もこの山荘を訪れるのに、恋愛感情のようなものが一切描かれていない、というか一切そんなものが出てこないのはわりと不思議だ。ありそうなものなのに。この親子があまり他人に興味のないような、絶妙な距離感を持っているからだろうか。よく考えればいい歳した親子が一緒に夏を過ごすという関係も不思議な関係でもある。でもだからこそ来れたら来るぐらいのスタンスで、いろいろと人が訪れやすいんだろうな。

 

 ひと夏の話だと思っていたら、3年の夏を描いていて、なんだかすごいなと。この調子なら、その後もこんな風な夏は続いていくんだろうな。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

ねたあとに (朝日文庫)

ねたあとに (朝日文庫)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする