BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「失楽園」 1997

失楽園

★★★★☆

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

 

 中年男女の不倫の愛。

 

 こういう話題作って話題先行で駄目な作品になりがちなのにちゃんと映画になっていた。ヌードの撮り方がわざとらしく見せるのでも不自然に隠すのでもなく自然な感じで撮られているのが好感が持てる。待ってましたとばかりに歌舞伎的に見せられると、いやそれが見たかったわけじゃないと言い訳したくなる。完全否定はしないけど。

 

 やっぱり見ているとこれはあきらめてしまっている中年男女のファンタジーだな、と感じる。仕事を頑張れば報われる時代でもなくなりそれを信じてきた世代に新たな夢を見せるような。最初からそんなことを信じていない今の世代はこれを見て共感できるのだろうか。

 

 心中というのも中年の発想なような気がする。今ってこういう心中ってあるのだろうか。生活苦の心中やストーカー的な思いが通じなくて相手を殺して自分も自殺、みたいなパターンはあるけど。そもそもうまく離婚出来たり家を出ることが出来て二人にとって状況は好転しているように見える中で、心中する必要があるのかとも思ってしまう。美しい関係のまま美しく終わらせるってことに意義を感じるのかもしれないけどそれでもやはりそれは若者のように未来に夢を見られない中年の悲しさかな。

 

 社会現象ともなったこの小説や映画にどれくらいの中年が影響を受けたのかはわからないけど、この映画の二人のような容姿じゃないと見ていられないものだっただろうな。この二人は実際の所、あきらめていない稀な中年だから。

 

原作

失楽園〈上〉 (角川文庫)

失楽園〈上〉 (角川文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

  

失楽園

失楽園

 

 

広告を非表示にする