BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トウキョウソナタ」 2008

トウキョウソナタ [レンタル落ち]

★★★★☆

 

監督 黒沢清

 

 会社をリストラされ、だけど家族にそれを言えずに毎朝出かける男。

 

 家族にリストラされたことを打ち明けられない時点でその家族は崩壊しているようなものだけど、父親の威厳を保つために理不尽な言動を行う父親、家族のためにおやつを手作りしたり主婦として支える母親の表情が暗かったりどことなく家庭内に冷めた空気が流れている。特に父親が手を付けるまで皆が食事を始めない場面は、この家庭のどこか歪な姿を現している。

 

 そんな白々した空気の映画も役所広司の登場で突然コミカルな様相を帯びだす。場違いな場面に登場してしまったピエロのような動きでどんどん笑いを取っていく。そして、それに呼応するかのように家族のそれぞれに事件が起きて心に変化をもたらしていく。

 

 後ろめたい気持ちでリビングの窓から帰宅して防犯のチェックだと言ってみたり、ふと車のショールームに出かけてオープンカーに惹かれてしまうシーン等が、後々伏線として効いてきてうまいなぁと思った。米軍に日本人が入隊できるという架空の制度を登場させたりするのも面白いと思った。

 

 バラバラだった家族がそれぞれの出来事を通して心を新たに一人ずつ戻ってきて食事をするシーンはとても印象的だった。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

  

トウキョウソナタ [DVD]

トウキョウソナタ [DVD]

 

 

広告を非表示にする