BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「あるキング」 2009

あるキング (徳間文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 やがては弱小球団で驚異の活躍を見せる男の人生。

 

 主人公の具体的な成績は一切記述されていないけど読んでる感じじゃ打率十割近く本塁打百本近くでまるでテレビゲームみたいな成績なんだろうな。現実感がない。

 

 主人公をまるで天上から見つめているような語り口で今までの伊坂幸太郎の作品とは雰囲気が違った。重松清の「疾走」を思わせるような。語り口は変わったがそこに流れる精神といったものはこれまでと共通している。何が正しいなんかわからない、だから周りなんか気にしないで自分を信じて我を張れって事。

 

あるキング (徳間文庫)

あるキング (徳間文庫)

 

 

登場する作品
マクベス (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする