BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「氷菓」 2001

氷菓 (角川文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 廃部寸前の古典部に入部した4人の高校生が謎を解いていく。

 

 いわゆる謎解きものだが殺人事件の犯人捜しとかそんな大げさな事件ではなく、こじんまりとした出来事の謎解き。正直、えっそんな事でいいの?って驚くくらい。

 

 文章も無理にひねって気の利いたものにしようとしている感があって少々鬱陶しい。ひねくれた高校生が使いそうな言葉ではあるので、らしいと言えばらしいのだが。

 

 いくつかの小さな謎を解きつつ最後は古典部最大の謎に挑む。でもこのクライマックスの謎もなんだからなぁという感じ。俺はそんなの気にしないよというレベルの。謎を解かれたところであ、そうなの、で済んじゃいそうな。この本のタイトルの意味もそこで分かるわけだが、そんなダジャレみたいな事言われても、って戸惑ってしまった。

 

 中学生ぐらいが読んだら楽しめるのかもしれない。

 

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)

 

氷菓 (小説) - Wikipedia

 

広告を非表示にする