BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「宵山万華鏡」 2009

宵山万華鏡 (集英社文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 

 京都祇園祭の夜に起こる不思議な出来事。

 

 祇園祭の夜に起こるそれぞれがつながっているのだが、つながっていないのだかよく分からないような話で構成される不思議な物語。なかでも彼お得意といっていいのか、馬鹿げたことに全力を注ぐ若者たちの話が好きだ。意味のない事に真剣になってとても楽しそうだ。

 

 全編を通して気分が高揚するな、だけど非日常のどこか不安になるような、祭りのあの独特の雰囲気がよく表現されている。普段は何もないような通りに突如屋台が並び灯りが煌々と輝いて、浴衣なんか着た人たちが大勢集まっているあの雰囲気。時々迷子の子供が泣きながら歩いているような。

 

 それぞれの章に著者がこれまで発表してきた作品の要素が凝縮されたような仕上がりになっていて、著書がどういった作家なのかこの本だけでわかるような作品。最後の章の、各章の総集編のようなそれを題材にもう一つの物語を作ったような話が凄いな、と思った。

  

宵山万華鏡 (集英社文庫)

宵山万華鏡 (集英社文庫)

 

 

広告を非表示にする