BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ダイヤルM」 1998

ダイヤルM (字幕版)

★★★★☆

 

監督 アンドリュー・デイビス

 

 破産寸前の男が妻の不倫相手の男と共謀して妻の殺人を目論む。

 

 グウィネス・パルトロウが美しい。冒頭仕事から帰宅し、夫と共にパーティに出かけるために着替えるシーンがセクシー。とりあえずグウィネスが見られるだけでこの映画は問題ないと思わせてくれる。

 

 映画自体も重厚な音楽とフリの利いたストーリーで上質のサスペンスに仕上がっている。特に映画で重量となるシーンは印象に残るように撮られているのがいい。犯行決行の夜、グウィネスが帰宅したとき既にドアが開いていた場面もセリフではなく、映像で印象的に語られている。

 

 ただ、グウィネスが結構危険を冒すのが気になった。自分の殺害を企てているかもしれないと感づき始めているのに1対1で会ったり、問い詰めたり。まぁこういうシーンが映画を盛り上げるのだろうけど。

 

 マイケル・ダグラスは金持ち役がすんなりくる。それも資産家とかではなく一代で富を築きあげたような強欲で自信家の金持ちの役が。

 

 ヒッチコックに関わる映画を撮ると、シャワーシーンは絶対入れたくなるのかな。後この映画ではタイトルの電話はあまり関係なかった。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

マイケル・ダグラス

 

ダイヤルM (字幕版)

ダイヤルM (字幕版)

 

 

「ダイヤルM」に関連する作品

 オリジナルの映画

広告を非表示にする