読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「幸福の黄色いハンカチ」 1977

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010

★★★★★

 

 女にフラれて北海道に車での旅に出た男が、現地で出会った見知らぬ男を同乗させることになる。

 

 武田鉄矢って貴重な俳優だなって感じさせてくれる映画。身の程知らずで虚勢を張り、調子に乗りやすく、男前でない。それでいて悲壮感はなく、コミカルな印象を与える。この人が映画の中でいろいろちゃちゃを入れるだけで、映画に動きが出る。この映画の中でも、前半は彼の魅力で惹きつける。

 

 桃井かおりの演技や昭和感のせいなのか、どこかじっとりとした印象を与えるのが日本映画らしくていい。前半は、たまたま出会った3人が何度も別々になろうとするがいつの間にかまた3人で行動していて、段々と3人の中に絆が生まれていく。

 

 後半は無口で謎めいていた高倉健が中心となって、物語は進む。彼が自らの境遇を語りだすのも自然でいい。無口だった人間が突然口数が多くなるのは不自然なものだが、他の二人に負い目なようなものを感じさせることで、ぽつぽつと語らざるを得なくしている。

 

 ラストの有名なシーン。ちょっとハンカチ多すぎなのがどうかと思うが、高倉健を残して邪魔しないようにすぐに立ち去る若者二人が粋だ。武田鉄矢もいつの間にか男前になっている。

 

 人生に希望を持てなくなった中年の男を、まだ無邪気な希望ある若者が人生の悲哀を感じながらも励ます映画。だけど今だったらどうなんだろう。若者はこんな中年の男を励ますことが出来る程、無邪気に未来を信じているのだろうか。逆に諦めるよう説教するような気がしてしまうが。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

倍賞千恵子 / 桃井かおり / 武田鉄矢

bookcites.hatenadiary.com

 

幸福の黄色いハンカチ - Wikipedia

 

 

関連する作品
イエロー・ハンカチーフ [DVD]

イエロー・ハンカチーフ [DVD]

 

 

広告を非表示にする