BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ウォール街」 1987

ウォール街 (字幕版)

★★★★☆

 

監督/脚本 オリバー・ストーン

 

 証券ディーラーの男が業界の大物と出会い成功への階段を上っていく。

 

 証券場のあの熱気。いったい何をやっているのかよく分からないけど人々が大きな身振り手振りで何かを喚いている。こんな光景は今では見られなくなり、ただ電光掲示板に数字が流れるだけ。証券場のかつての姿ってもしかしたら景気の上昇に一役買っていたんじゃないかなとふと感じた。周りがあれだけ騒いでいたら、その場にいる人たちは自分も何か買ったり売ったりしなきゃいけないんじゃないかという気になる。これが実体以上の株価の上昇を生んだり、急激な下降を生むことがあったのかもしれないけど。

 

 こんな世界で大物に成り上がるには相当な人間じゃないと無理なんだろう。人並み外れた決断力や行動力、非情な心の持ち主でないと。マイケル・ダグラスはそんなギラギラした野心家がよく似合う。そして、チャーリー・シーンのようなどこかに優しさを持った男は脱落していってしまう。

 

 この映画はそんなチャーリー・シーンマイケル・ダグラスに一泡吹かせることで終わる。結局、金だけがすべてじゃないということで。確かに一理あるけど、でも実はマイケル・ダグラスのように感情抜きにして買い取った会社のいい部分は売り払ってあとは潰してしまうっていうやり方の方が世の中にとっては効率的なんじゃないかと思う。ダメな会社を何とか再建させるようとマイナスからスタートするぐらいなら、ゼロからスタートできる新しい会社に任せた方が。駄目な会社が無駄にもがいている間、過去の歴史から学んでより良い会社になる可能性のある新たな企業の成長を阻害してしまっているかもしれない。

 

 古い企業は古い考え方や悪しき伝統が残っていたりするものだから、別に存続させることが社会にとって良い事とは限らない。。雇用が失われるといってもそれに代わるもっと良い新たな雇用主が出てくるはずだから。

 

出演 マイケル・ダグラスチャーリー・シーンダリル・ハンナマーティン・シーンハル・ホルブルックテレンス・スタンプ

 

ウォール街 (字幕版)

ウォール街 (字幕版)

 

ウォール街 (映画) - Wikipedia

 

 

関連する作品

 

広告を非表示にする