BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「チャイナタウン」 1974

チャイナタウン (字幕版)

★★★☆☆

 

 元チャイナタウンの検事の探偵が、ある女性から夫の浮気調査を依頼される。

 

 タイトルに相違してあまりチャイナタウンは登場しないのだが、アメリカではこの言葉で特別に何かを想起させるようなイメージがあるのだろうか。入り組んでいてわけの分からない感じだとか。だからあまり関わりたくないって直感的に感じるところとか。

 

 水道というと公共のものという思い込みがあったが、アメリカでは私有の場合があるようだ。アメリカらしくもある。この水事業をめぐる陰謀にいつの間にか巻き込まれていたジャック・ニコルソン扮する探偵。彼の依頼された仕事はすでに終了していたが、真相を探るために自ら調査を開始する。

 

 しがない探偵だが決して権力になびかず、自らの信念に基づいて行動する男の姿勢が描かれ、まさにハードボイルドの世界。ただこれが主眼に置かれているため、事件の真相はよく分からなくてもやもやする。陰の権力者の娘で、何者かに夫を殺されたフェイ・ダナウェイの暗い過去もなんだか唐突な感じもするし。

 

 決して万事見事に解決するヒーローではないが、巨悪を相手に自分の生きざまを貫いた男の物語。

 

監督 ロマン・ポランスキー

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

フェイ・ダナウェイ / ジョン・ヒューストン

 

音楽 ジェリー・ゴールドスミス

 

チャイナタウン (字幕版)
 

チャイナタウン (映画) - Wikipedia

 

 

関連する作品

 

広告を非表示にする