BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「SOSの猿」 2009

SOSの猿 (中公文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 イタリア留学中に悪魔祓いを身につけた男がひきこもりの息子を見るよう依頼される。

 

 西遊記がモチーフになっている小説だが、これを使われるとどうしても、ドラゴンボールを連想してしまう。なのでこのネタを使うのはかなりハードルが高くなっているのかなって気もする。著者もさらりとそれを連想させるようなセリフを使っていて気にはしていたんだなって事が分かる。

 

 二つの話が次第につながっていくという著者の得意なスタイル。違和感のある語り口のパートの謎がやがて判明して物語が俄然面白くなる。どこか現実離れしたような話であり、すべての謎がすっきるするわけではなく後味の悪いような何とも言えない余韻がしばらく残る。

 

 物語にもう一つプラスアルファで何か欲しかった気もする。

 

SOSの猿 (中公文庫)

SOSの猿 (中公文庫)

 

SOSの猿 - Wikipedia

 

登場する作品

 

西遊記〈1〉 (岩波文庫)

西遊記〈1〉 (岩波文庫)

 

 

登場する著名人

ユング

 

関連する作品
SARU 上 (IKKI COMIX)

SARU 上 (IKKI COMIX)

 

 

広告を非表示にする