BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ドラゴン 危機一発」 1971

ドラゴン危機一発 (字幕版)

★★★☆☆

 

 

監督 ロー・ウェイ

 

 不況の故郷を離れ、出稼ぎに出てきた男がそこで同僚が次々と行方不明になるという事件に巻き込まれていく。

 

 この頃のアクションシーンはカメラワークがなってなくて迫力がないなーなんてぼんやり見ていたら、そういうわけでもなかった。ブルース・リーが戦うまではただの前座であんまり撮る方にも気合が入っていないだけだった。

 

 故郷に残した母親に争いはしないと誓ったブルース・リーが遂に敵と戦いだすと一気にカメラワークも凝りだしてなかなかの迫力に。だけど彼の場合主役だからとカメラワークなんか凝らなくても、動きだけでその他大勢とは違うという事が分かる。全然キレが違う。一人だけ異次元。

 

 そんな彼が悪徳の社長に懐柔されてあっさりと騙されるのは間抜けで可愛らしい。強くて頭も良かったら確かにちょっと親しみが持てない。

 

 そしてこの社長どんだけ金持ちなんだ。豪邸が豪邸過ぎる。まぁ、悪事がばれそうになったら関係者皆殺しにするくらいだからこんな豪邸になるんだろう。

 

 最後の格闘シーン。武器を持ち出したりなかなか健闘しているが当然、ブルース・リーが勝つ。見た目からして断然ブルース・リーが勝つなってわかってしまう。いい敵役がいないと主役が引き立たないって事が良く分かる。

 

出演 ブルース・リー / マリア・イー / ジェームス・ティエン

 

 

広告を非表示にする