BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「真昼の決闘」 1952

真昼の決闘 (字幕版)

★★★☆☆

 

監督 フレッド・ジンネマン

 

 結婚式を挙げ退職するつもりだった保安官の下に、かつて逮捕した悪党が復讐のためにやってくるとの情報が入る。

 

 映画内の時間進行も2時間ばかりの物語。かつて街を荒らした悪党たちが復讐のためにやってくる。当時共に戦った住民たちも今回は冷たい。戦いのあとに訪れた平穏に浸りきっている。一旦熱が冷めると世間は冷ややかだ。職務を全うしようとする保安官に不平を連ねる。人々は一つの問題が解消されるとすぐにまた新たな問題を見つけ出し、不満を訴える。

 

 確かにそれが保安官の仕事なのだから一般市民を巻き込むのはどうかと思うが、街に危機が訪れているのに。特に教会で仲間を集めるシーンは残酷だ。かつてのように共に戦おうというムードが高まり期待させるが、議論の間に次第に形勢は逆転してしまう。

 

 結局共に戦う仲間は見つけられず悪党たちと戦うことになる。それにしても帰りを待つ悪党の仲間たちは2時間も前から駅で待ってるけど気がはやりすぎ。のどかだ。そして、ついに保安官と悪党たちの対決が始まるが結構あっさりと勝負がついてしまう。

 

 これは西部劇の派手なアクションを描いた映画ではなく、我儘で自分勝手な世間の人々を描いた作品。

 

出演 ゲイリー・クーパー / グレース・ケリー

 

真昼の決闘 (字幕版)

真昼の決闘 (字幕版)

 

 

広告を非表示にする