BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ペンギン・ハイウェイ」 2010

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 常にノートを持ち歩き研究に取り組む小学生と、不思議なお姉さんとの物語。

 

 これまでの著者の作風とは趣が異なっている。抑制をきかせた文章で、どことは分からない新興住宅地を舞台に小学生を主人公にしている。だけど、どこか不可思議な奇妙な雰囲気も失ってはいない。

 

 自分が小学生の時なんて日々何やってんだろうと思い返しても思い出せないぐらい無為にただその日を過ごしていたような気がするが、この主人公の少年のように小さなときから目的を持って生活をしていたらきっと今頃違う人生を歩んでいたんだろうなという気がする。過去はともかく今からでもこうやって充実した日々を送りたいものだ。

 

 生意気な小学生とどこか怠惰でつかみどころのないお姉さんとの会話やその関係が何とも微笑ましい。お姉さんの世間一般の大人の反応ではなくさらけ出すような構えない応対がいい。物語自体はどんどん訳が分からなくなっていくが少年のお姉さんへの想いが伝わってくる。

 

 自分もノートを持ち歩いて、思いついた事を書きこんでいこうかなって、気になる。続かないけど。

 

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

広告を非表示にする