BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「桜田門外ノ変」 2010

桜田門外ノ変【DVD】

★★★☆☆

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

 桜田門外の変井伊直弼を討ち取った志士たちのその後。

 

 桜田門外の変ってイメージでは単発で後の維新の動きとはつながりがないように思っていたのだが、こういう風に後につながっていったのかと知った。そもそもこの事件は薩摩藩と連動して京でも事を起こし一気に討幕へと突き進むという予定だった。幕末はこういう各藩の足並みが揃わないことが多い。どこかで倒幕の機運が高まっても、別のどこかは慎重になってしまっているという。

 

 クライマックスともいえる井伊直弼を討ち取るシーンは序盤。実際そうだったのかもしれないけど、事件の時大雪の中あんなに大勢人が突っ立っていたら不自然すぎる。門番とか立っていなかったのかな。

 

 事件のあとは追手から逃れながら各藩に討幕を働き掛ける。不自然に挿入された鳥取藩での武芸の達人との決闘のシーンはまるでコントのよう。あれ、必要だったんだろうか。その後は結構雑な展開。かと思えば捕縛された者が刑場に向かうシーンは妙に丁寧に撮ったり。結局何を描きたかったのだろう。井伊直弼を斬るに至った経緯も大ざっぱ。

 

 当事者たちは次々と捕まり、やがて主演の大沢たかおも捕まってしまう。どうせなら最後まで逃げおおせて欲しかった。それにしても当時の幕府の警察能力は高かったのだな。全国に散らばった者たちをほぼ全員捕えている。その裏で関係ない人たちもたくさん死んでいるのだろうけど。

 

原作

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com 

 

長谷川京子 / 柄本明 / 生瀬勝久 / 渡辺裕之

 

桜田門外ノ変【DVD】

桜田門外ノ変【DVD】

 

 

広告を非表示にする