読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「忠臣蔵 四十七人の刺客」 1994

四十七人の刺客

★★☆☆☆

 

監督 市川崑

 

 忠臣蔵で知られる赤穂浪士たちの吉良邸討ち入り。

 

 ご存知、忠臣蔵って感じで語られることが多いけど、今の日本人のどれくらいがこのお話を詳しく知っているのだろう。自分はなんとなく知っているという程度。年寄りはともかく若い人は知らないんじゃないだろうか。別に学校の授業で事細かく習うわけでもないし。

 

 どうもこの映画は当然知ってるよね、っていう前提で作られている気がする。いろいろエピソードあるけどいちいち全部描きませんよと。この映画で必要ない事は端折っていきますよと。

 

 なのでいわゆる忠臣蔵を初めてまともに見る身としてはかなり戸惑う。藩取り潰しになった時に動揺はなかったの、とか、藩主がなぜ吉良を斬ろうとしたのか知りたくはなかったの、とか、なんで当然のように吉良を斬ることになっているの、とか。

 

 そして少しは知っているものだから昼行灯のくだりはやらないの、とか自分の忠臣蔵の知識に不安になってしまう。そんな状態だから、高倉健、無駄にモテすぎ、とか、若い頃の宮沢りえはふくよかでなんだか気持ち悪いな、とかどうでもいい事まで気になってしまう。

 

 しかし、理由もわからず吉良を斬るっていう発想はすごいなって思ってしまう。被害者にさらにとどめをさすって事だから。そう考えると別に美談じゃない。でも本人たちにしたら、藩主は幕府の法を犯してまで吉良を殺そうとしたのだから、それ相当の理由があったはず、藩主のその決意を自分たちが完遂しなければならないって思ったのだろう。そう考えると納得できなくはない。

 

 見ている側のいろんな疑問を全て置き去りに最後まで突っ切ってしまう潔さは確かにあるのだけど、正直全然ついて行けなかった。きっとベタな忠臣蔵の物語を5本くらい見たあとに見る映画なんだろうな。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com 

中井貴一 / 宮沢りえ / 岩城滉一 / 宇崎竜童 / 黒木瞳 

 

四十七人の刺客

四十七人の刺客

 

 

広告を非表示にする