BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「妹の恋人」 1993

妹の恋人 [DVD]

★★★★☆

 

監督 ジェレマイア・チェチック

 

 精神を病んだ妹を持つ男の家に一人の奇妙な青年が住みつくことになる。

 

 妹が精神を病んでいるのは分かるとして、ジョニー・デップはどういう扱いなんだろう。彼はただの変わり者という扱いという事なのだろうか。十分彼も病んでいるように見えるけど。両者の違いがよく分からないのだが、まぁおとぎ話みたいなストーリーなのであまり気にしちゃダメなのだろう。妖精や天使みたいな扱いって事で。

 

 誰かにとって良かれと思って自分を犠牲にしてまで頑張っても、その相手にとっては負担を感じるだけって事がある。そしてそこには善意があるだけに厄介なことになる。互いに相手を傷つけようなんて思っていないのに互いに傷つくことになる。血縁だろうが恋人だろうが自分ではなく、他者なのだから相手の好きなようにやらせるしかない。そして自分自身も自分のために生きるしかない。そうすることで意外とうまく行くような気がした。

 

 劇中に流れる音楽がいい。そして、ジョニー・デップの浮世離れしたピエロっぷりになんだか心が癒される。

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

 メアリー・スチュアート・マスターソン

 

妹の恋人 [DVD]

妹の恋人 [DVD]

 

 

広告を非表示にする