BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」 1966

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

★★★★☆

 

監督 佐伯清

 

 弟分を助けるために何の恨みもない敵対する組の親分を殺してしまった男が刑期を終えて戻ってくる。

 

 今観てみるとこの頃のヤクザ映画はほとんど時代劇だ。戦う前はちゃんと名乗りを上げるし、乱闘シーンはチャンバラだし、作法も儀式的だ。物語も最初は周りが物騒な雰囲気であってもおとなしくしているが、ついに我慢ならなくなって敵に切り込んでいく。まるでテレビの時代劇のような展開だ。でも、娯楽としての映画としては正しいような気がする。

 

 最初は敵がやりたい放題で見ている側はフラストレーションがたまる。そのフラストレーションが十分溜まったところで主役が圧倒的な強さで敵を倒していく。単純だとは思うけどやっぱり見ていて気持ちがいい。高倉健が上半身をはだけて背中の入れ墨を露わにした時なんて待ってました、って気になる。そのフラストレーションを発散させる前に義理だの仁義だの短い言葉で語らせて雪の中を歩かせるシーンでちゃんとクライマックスへの気分も盛り上げてくれる。うまく観客の気持ちをコントロールしている。

 

 これで女にもてたら客は醒めるが、主人公は自分の気持ちを打ち明ける事さえせずに無言で去っていく。きっと客も男はこうでなくちゃと満足して映画館を後にするのだろう。しかし、日本のカッコいい男性像って結構しんどいな。喧嘩は強くなくちゃいけないし、優しくなくてはいけないし、女性に対しては潔癖でなくてはいけない。かなり忍耐が必要だ。

 

出演 高倉健 / 三田佳子 / 津川雅彦 / 池部良

昭和残侠伝 唐獅子牡丹
 

 

広告を非表示にする