読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」 1985

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

★★★★☆

 

著者 リチャード・P・ファインマン

 

 ノーベル物理学賞を受賞したリチャード・P・ファインマンのエッセー。

 

 ノーベル賞を取るような学者というのはどこか浮世離れしていて専門の学問以外では何もできなさそうな人が多いようなイメージだが、この人は全然違う。好奇心旺盛で楽器を習ったり、女の子をものにする方法を習得しようと努力したり、日本語を覚えようとしたりする。実に人生が楽しそうでうらやましい。催眠術の実験台に自ら進んで立候補してしまうような、興味を持ったらどんどん飛び込んでいくその姿勢がいいんだろうな。確かにそうすることで自然と面白い楽しい事が身の回りに集まってきているような気がする。

 

 大学で学ぶ人間たちに知識はあるが考えない人たちに残念な気持ちを持っている事にも同感だ。確かに世間にはこういう人が多い。インターネットのある現在、知識があるだけじゃ何の意味もない。大事なのはどうその知識を生かすかだったり、どれくらい理解しているかだったりする。いい大学出ていても馬鹿としか思えない人にもよく出会う。そういった自分を偉い人間に見せようとする人たちを憎む姿にも共感できる。最高のおもちゃである自分の脳みそを駄目にしないために、酒を飲んだりドラッグを試すことはしないことにしたという言葉が印象的だ。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)