BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「冬の華」 1978

★★★☆☆

 

監督 降旗康男

 

 組の事情である男を殺し服役していた男が戻ってくる。

 

 この間見た「陽炎」でもそうだったけど、女とその女の父親を殺した男、という設定は映画になるのだな。まぁ確かに普通はその後の接点なんかないから。

 

 高倉健はこの映画でも不器用な男を演じている。なんだかどれも同じだな、と多少飽きてきた。寡黙で実直で誠実で控えめで、普段は静かだがやるときはやる、っていうのは確かにカッコいい。男ならこうありたいって気持ちもなくはないけど、やっぱりしんどそう。今の時代ならあいつは何が楽しくて生きてんだろう、っとか陰口叩かれそう。

 

 高倉健が殺した男の娘で彼が負い目を感じて援助していた池上季実子。高校生にしては顔が老けている。年老いて見えるというよりは高校生に見えない大人の女の顔。若さが感じられない。実際この時高校生だったのかもしれないけど。そして、そんな女子高生の彼女に大の大人が手をだしちゃダメでしょ。

 

 本当は堅気になりたいのに、義理や人情のために足を洗えなかった男。ラストの高倉健のアップで締めくくるあたり高倉健は映画スターなのだなと改めて思わされた。

 

出演 高倉健 / 北大路欣也

冬の華

冬の華

 

 

広告を非表示にする