BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ニライカナイからの手紙」 2005

ニライカナイからの手紙 [DVD]

★★★☆☆

 

監督/脚本 熊澤尚人

 

 母親と離れて祖父と暮らす女の子。

 

 小さい時に子供と別れてその後電話も何もなく、ただ誕生日に手紙が届くだけ、っていうのはどう考えても不自然すぎる。たとえ東京で別の家族を作って暮らしていたとしても電話ぐらい出来るはずだし。ほかに考えられるのは刑務所に入ってるくらいだ。

 

 しかも残りの人生あとわずかだとわかったらなるべく子供と一緒にいたいと思いそうなものだけど。あえてそれをしないで20年近く子供に嘘をつくことを選ぶなんてかなり我儘で自分勝手だ。別にちゃんと死を明かして毎年手紙渡しても良かったと思うけど。その方が手紙を素直に受け取れる気がする。

 

 わざとらしく島人に慰められていたけど、そんなにそれまで島人と関わりがあったことは描かれていないからなんだか怖い。あんなにぞろぞろと。

 

 最後の手紙と共に過去を振り返るシーンも別にいらなかった。普通に時系列に沿って見せてくれればよかった。振り返るのは自分でやるから。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

平良進 / 南果歩 / 金井勇太 / かわい瞳

 

ニライカナイからの手紙 [DVD]

ニライカナイからの手紙 [DVD]

 

ニライカナイからの手紙 - Wikipedia

 

 

広告を非表示にする