BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バグダッド・カフェ」 1987

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]

★★★★☆

 

監督/脚本/製作 パーシー・アドロン

 

 アメリカ旅行中に夫と喧嘩して一人歩き出したドイツ人女性が砂漠に佇むカフェにたどり着く。

 

 何もない砂漠の中で旅行者が給油のためだけに立ち寄るような場所。そこを経営する家族とそこに居つく人たち。刺激もなく変わり映えのない毎日に彼らの間には気だるい倦怠感が漂っている。そんな場所に現れた一人の旅行者。夫と喧嘩し行くあてもなかった彼女はそこに居つくようになり、次第に彼らの気だるい日々が変わっていく。

 

 登場人物に美男美女がいないのも珍しい。主人公も太った女性だし。でも、こんな何もないような所だからそれが自然なような気もする。しかし、広大なアメリカの中にはこんな場所がたくさんあるんだろうな。

 

 最初は風変りな映像が続きどうも落ち着かない感じだったが、やがてバグダッドカフェでの生活が始まるあたりから安定してきて観れるようになった。一人の女性によってカフェ周辺の雰囲気が変わっていく。そして、長距離トラックドライバーの間で話題になり、賑わうようにさえなる。その過程はなかなか楽しいが、一人タトゥー屋をやっていた女性が出て行ってしまったのが印象に残った。人で賑わい笑顔が溢れる場所を望まない人もいる。元々活気のない場所だったがそれを気に入っていた人もいるんだと。誰にとっても素晴らしい場所なんてないんだろうなと。

 

出演 マリアンネ・ゼーゲブレヒト

 

バグダッド・カフェ - Wikipedia

広告を非表示にする