BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「独立愚連隊」 1959

★★★★☆

 

監督 岡本喜八

 

 日本軍が駐留するある街に従軍記者がやってくる。

 

 主役の佐藤允の存在感が素晴らしい。印象に残る面白い顔立ちで何か腹に企みを隠していそうな不遜な表情。何事にも動じないたくましさが感じられる。

 

 そして規律正しく精神論を重んじるというイメージだった日本兵もこの映画では全然違う。任務中に賭け事やったり酒を飲んだり。愚連隊っていうくらいだから異端ではあるのだろうけど。やれと言われたのでやりますが、監視の目を盗んでやりたいようにやらせてもらいますっという感じ。馬鹿らしいからやりません、じゃないところが日本人らしい。上司が馬鹿でも命令された任務は守りたい、っていう言葉が心に残る。戦争なんて馬鹿らしいと思いながらも軍隊生活への愛情のようなものが感じられる。

 

 ラストの銃撃戦が終わって死体が画面いっぱいにたくさん転がっているシーンは圧巻。でもきっと本当の戦争でも普通に見られる光景なんだろうな。こんなに人が死んで何が残るのって気にさせられる。

 

 こんなことも描きながら全体がしっかりとエンターティメントに仕上がってるのが偉い。

 

出演 佐藤允 / 鶴田浩二三船敏郎  / 雪村いづみ 

独立愚連隊

独立愚連隊

 

 

 

広告を非表示にする