BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 2007

★★★★☆

 

総監督 庵野秀明

監督 摩砂雪 / 鶴巻和哉

 

 人気テレビアニメシリーズを再構築した映画。

 

 今までのロボットアニメのように明確な敵と戦う戦争映画の延長線上にあるようなストーリーではなく、わけのわからないものと戦っているし、その主人公も戦争映画のヒーローのように勇敢なわけでもなく、上層部には何か陰謀のようなものを感じるしで、映画を観ていても常にどこか腑に落ちないものを抱えている。正直、エヴァンゲリオンがここまで人気があるのかよく分かっていないところがある。

 

 まぁ逆に言えば、そのストーリーの訳わからなさが観る者の様々な憶測を呼び起こしてそれぞれの解釈を皆に披露するのが楽しいかもしれないし、どこにでもいそうな主人公の臆病さや投げやりな態度に共感を感じるのかもしれない。単純にそれぞれのキャラクターが立っているのでそれだけでも楽しめるし。これを観たあとに周りの者たちと自分なりの見解を語り合えることが人気の理由なのかもしれない。

 

 一応テレビシリーズは昔一気に放送していた時に見ていたので、ストーリーを思い出すにはちょうど良かった。テレビシリーズと若干異なる部分はあるようだが、そのあたりはどこが違うのか全く分からないけど。震災の時に「ヤシマ作戦」という言葉がネットでよく聞かれたがこういう事だったのか。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 [DVD]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 [DVD]

 

  

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に関連する作品

bookcites.hatenadiary.com