BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マリアビートル」 2010

マリアビートル (角川文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 ここ最近の伊坂作品で久しぶりにシンプルに楽しめた。列車の中で起こる様々な出来事。密室の中で殺し合うしかない状況。緊張感もあり、伏線回収の面白さもあり。

 

 人の心を操る中学生の描き方が恐ろしくもあった。こんな風に描けてしまう作者の心が。だけどそんな中学生を葬り去ってくれるのが経験豊富な老人というのがニクい。なんだかんだで生き残る人たちはすごいという事だ。

  

マリアビートル (角川文庫)

マリアビートル (角川文庫)

 

マリアビートル - Wikipedia

 

 

関連する作品
グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

 

 

 

広告を非表示にする