読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために」 1999

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

★★★★☆

 

 心理学というよりもまるで自己啓発の本のよう。自分の人生なんだから自分の住みよい世界で自分のために生きなければならない。当たり前のことなんだけど、実際は誰かや何かのせいにして、不満を抱えて生きている。

 

 この本を読むと自由な気分にさせてくれるが、同時に身を引き締められるような気持ちにもなる。自由に生きるためには、それを誰のせいにもしないで、すべての責任を引き受けなければならない厳しさも必要となる。

 

 この本の中で述べられていることは、多くはなくシンプルだが、それを実践するとなるとなかなか難しい。考え出すと他人に親切にするのにも考え込んでしまいそう。それは自分の課題ではないのではないかとか、それは親切な事をする自分を見てもらいたいのではないかとか、助けてあげることで上下の関係を形成してしまうのではないか、とか。この本のなかでもそういう事についてははっきりと書かれていないが、結局答えは一つということではなくて、その場その場で答えが違うということなんだろう。難しい。

 

著者 岸見一郎

 

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com