BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「怪獣大戦争」 1965

怪獣大戦争

★★★★☆

 

 ゴジラが宇宙で戦う。相変わらず戦うときは岩を投げたりしているのだが、今回のゴジラは相当フリーダム。監督と揉めてヤケになったのかと思うほど好き勝手やっている。コメディ路線というか。

 

 ストーリーの方は怪獣たちの対決というよりは、異星人と人間との対決がメイン。キングギドラを退治するために、ゴジララドンを貸してくれないかと持ちかけられるわけだが、冷静に考えてゴジラは町を破壊する迷惑な存在なわけだから、願ったり叶ったりのはずなのに慎重に議論が重ねられる。しかも彼らを置いて地球に戻るときはなんだか切ない気持ちになっちゃったりしている。手のかかる子供みたいな扱い。ゴジラの不思議な立ち位置。

 

 特撮のSF映像が今でも全然見れる出来。なんだか懐かしい雰囲気のする宇宙船や船内の様子が格好いい。

 

監督(本編) 本多猪四郎

 

監督(特撮) 円谷英二

 

製作 田中友幸

 

出演 宝田明/ニック・アダムス/久保明水野久美/沢井桂子/土屋嘉男/田崎潤塩沢とき納谷悟朗

 

音楽 伊福部昭

 

怪獣大戦争

怪獣大戦争

 

怪獣大戦争 - Wikipedia

 

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com