BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「カーネギー話し方入門」 1956

カーネギー話し方入門 文庫版

★★★☆☆

 

 話し方、スピーチの能力って日本だとどれぐらい必要なんだろうか。日本ではスピーチする側だけでなく、それを聞く側の土壌すら成熟していない気がする。国会を見ればよく分かる。個人的にも今現在ほぼ必要ない。

 

 だからといってこの本が全く役に立たないかというとそんなことはない。スピーチを行うのに必要なテーマの決め方、テーマに沿ったトピックの収集方法、聴衆を関心を呼び起こすスピーチの始め方や終わらせ方、語り口などは、スピーチだけでなく、文章を書く場合にも使えるし、普段の会話の中でも活かすことができる。

 

 でこんな文章かよと言われると辛いけど、かなり参考になる内容だった。そして、いつかスピーチをする必要が出てきた時に再度読めばいいのかなと。

 

著者 デール・カーネギー

 

カーネギー話し方入門 文庫版

カーネギー話し方入門 文庫版

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com