BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キングダム・オブ・ヘブン」 2005

キングダム・オブ・ヘブン (字幕版)

★★★☆☆

 

 中世のエルサレムを巡る戦い。当時にも異教徒同士で共存を図ろうとする勢力があったってことが意外だった。たかだか宗教で戦ってばかりいられないっていうのが本音なのかもしれない。

 

 新国王が戦争にうって出て、予想通り無残な敗北に終わるって苦笑しかない。まるで英雄気取りの世間知らずの無邪気な若者のようだ。ラストの決死の攻防戦もただ自分たちの家族や仲間を守りたいって気持ちだけでもはや宗教なんて関係ない。いかに宗教が厄介なものかが伝わってくる。

 

 だいたい史実に基づいているらしく、観た後しばらくWikipediaで十字軍関連を調べてしまった。

 

監督/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 オーランド・ブルームリーアム・ニーソンジェレミー・アイアンズエドワード・ノートン

 

キングダム・オブ・ヘブン - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com