BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「佐渡の三人」 2012

佐渡の三人 (講談社文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 祖父や親類の納骨に佐渡に向かう三人。身内の死に悲しむでもなく、佐渡への小旅行に浮き浮きするわけでもなくフラットな主人公たち。淡々としながらも突っ込みどころのある面白いシーンは逃さず、だけど盛り上がるわけでもなく噛みしめる。どこかそこにいながらそこにいないような希薄な印象を受ける。

 

佐渡の三人 (講談社文庫)

佐渡の三人 (講談社文庫)

 

 

広告を非表示にする