BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「海街diary」 2015

 

海街diary

★★★★☆

 

監督・脚本

bookcites.hatenadiary.com

  

 姉妹三人で暮らす鎌倉の家に、腹違いの中学生の妹が加わる。

 

 単純に美人が四人も主演で出ていればストーリーがどうあれ見ていられるんだけど、さらに鎌倉の風景と古民家での暮らしぶりなどの映画的要素が気分を盛り上げてくれる。

 

 男三人兄弟の場合でもそうだろうが、それぞれの性格はだいたい決まっている。一番上はしっかり者で、真ん中は自由奔放、一番下はマイペース。そういう役割でやって来た三人に突然もうひとり加わるとやっぱり微妙に役割は変わってしまうんだろうか。この映画の中では末っ子だった夏帆が一番親身に「妹」に関わっているような気がする。四女のほうが三女よりも父親の事を知っているというのも面白い設定だ。

 

 四姉妹の中では、長澤まさみが一番美味しい役。彼女はすっかりお色気担当になっている。その他の三人もそれぞれにいい演技で持ち味が出ている。

 

 是枝作品でよく出てくる樹木希林演じる土足で踏み込んでくる年寄り。なんで年寄りはゾッとするようなことや嫌な気分になることを平気で真顔で言ったりするんだろう。感覚が鈍くなっているからなのか、余計な気を回すと逆にややこしくなると悟っているからか。肉親同士の付き合いは色々な感情が入り混じって一筋縄ではいかないから、こういう人間は必要なのかもしれない。


原作

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

 

 

出演者

bookcites.hatenadiary.com

長澤まさみ夏帆広瀬すず

 

海街diary

海街diary

 

海街diary - Wikipedia

広告を非表示にする