読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか」 2016

新書 ★3

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)

★★★☆☆

 

 タイトル的に行動経済学的な話かと思っていたら、ほぼ政治的な話が中心だった。それは著者が政治社会学者なんだから、プロフィール見て気付けよって話なんだけど。ただそういった視点で社会や政治を見ていくというのも面白い。

 

 p.126 

労働力として大量の移民を受け入れようという人がいるが、冷静に考えた場合、はたして、それほど魅力的な国なのか。ましてや、自国の若者を冷淡に扱う国が、移民をどう扱うと思われるか、考えなくても分かることだ。

 

 あまり本編とかは関係ないけど、そうだよな、と。年間3万人も自殺する国ですけど、うちで働いてみない?なんて言われてもね。

 

著者 堀内進之介

 

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)