読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「百年の孤独」 1967

★4 小説

 

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

 

★★★★☆

 

著者 G・ガルシア・マルケス

 

 ある村を創設した一族の百年に及ぶ物語。

 

 百年もあれば子供が生まれて、さらにその子供が生まれてってあるんだけど、その子どもたちの名前がほとんど同じ名前の使い回しでそこが最初戸惑った。でも、それを乗り切れば一気に読んでしまいたくなるくらい面白かった。冒頭の家系図を何度も眺めて誰が誰の孫で、誰が誰の曽祖父でと確認しながら。

 

 色々な物語が入り組んでいるんだけど、その一つ一つが即興で作っているような面白さがある。

 

 この一族の男たちは家に居着かないか、引きこもるかの極端な者が多く、どこか頼りなげであるが、女たちは対照的にせっせと働き、たくましく力強いのが印象的。

 

P.193

「でも忘れちゃいけませんよ。生きているうちは、わたしたちはいつまでも母親だってことを。革命家だか何だか知らないけど、少しでも親をないがしろにするようなことがあれば、そのズボンをさげて、お尻をぶつ権利があたしたちにあるってこともね。」

 

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

 

百年の孤独 - Wikipedia

広告を非表示にする