読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「グロリア」 1980

映画 ★3

グロリア (字幕版)

 

★★★☆☆

 

監督/脚本 ジョン・カサヴェテス

 

 マフィアを裏切り一家の命を狙われる男の妻から子どもを託された女。

 

 とりあえずジーナ・ローランズの配役が成功している。ちょうどいい年齢。これより年上でも年下でも違う要素が入ってきてしまう。若くはないけどまだ老いてはいないっていう所が良い。

 

 唐突に容赦なく銃を放つ所や、物怖じせずに男とやりあうシーンなどタフな女がサマになっている。それでいて、うまく子どもに愛情を示せず冷たい態度を取ってしまう2面性。

 

 なかなか面白かったんだけどラストの墓地で二人が出会う所がなんで?って思ってしまった。確か駅で待ち合わせだったはず。前フリがあったにせよ、墓地で出会うのはさすがに無理があるかなと。字幕が間違えていたのかって思って見返したけど、英語でも駅で、と言っている。

 

 気になってネットで色々見てみると実は女は死んでいるんじゃないかっていう説があって、あーそれなら筋が通るな、って思った。何度か夢の話をしていたし、彼女が最後に現れたシーンは非現実的だったし、予告してやって来た女をマフィアが取り逃がすわけないし。子どもも死んでいるっていう説もあるけどそれは違うかな。

 

出演 ジーナ・ローランズ/ジュリー・カーメン

 

グロリア (字幕版)

グロリア (字幕版)

 

グロリア (1980年の映画) - Wikipedia

 

関連する作品

グロリア [DVD]

グロリア [DVD]

 

 

 

広告を非表示にする