読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「春琴抄」 1933

★4 小説

春琴抄 (新潮文庫)

★★★★☆

 

著者 谷崎潤一郎

 

 盲目の三味線の師匠の女に仕える弟子の男。

 

 プライドの高い女。元々の性格や育った環境にその原因はあるのだろうが、一番の原因は男だろうな。気位が高くても人生が進むにつれ人は性格が丸くなっていくものだけど、男がそれをさせなかった。彼女が高い所から一段降りようとすると男も一段降り、そして元の位置に戻そうとする。ある意味、女は気の毒な立場に置かれたのかもしれない。

 

 二人の師弟関係については細かく語りながら、男女関係についてはその事実を述べるに留めることで、語られなかった部分について想像力が掻き立てられてしまう。

 

 女の人生に2度も他人の悪意が襲い掛かっているのが、地味に人間の怖さを感じさせる。

 

春琴抄

春琴抄

 

春琴抄 - Wikipedia

 

 

関連する作品 
春琴抄

春琴抄

 

 

広告を非表示にする