読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キラー・エリート」 2011

映画 ★3 洋画

キラー・エリート (字幕版)

 

★★★☆☆

 

監督 ゲイリー・マッケンドリー

 

  足を洗った殺し屋のもとに、人質となった元相棒の写真が届く。

 

 殺し屋対SASの戦いなんだけど、あまりSASの凄さが伝わってこなかった。それとも知らないだけで周知の事実ってことなのか。にしてもそんなに手強くなかった。

 

 中東絡みになると、利権やらなんやらでストーリーが複雑になりがち。みんな本当のことを言わずに正義を振りかざしちゃうから。で、本当に正義のために動いたものが巨大な組織に振り回される。ここらへんが中東問題の厄介な所。

 

 今回のジェイソン・ステイサムはコメディ要素こそないが、ジャッキー・チェンを彷彿とさせるアクションを見せている。椅子を使ったり、ビルに飛び移ったり。

 

 仲間たちやクライブ・オーウェン演ずる男たちの描写が不足していて物足りなさが残ってしまう映画。

 

原作

キラー・エリート (ハヤカワ文庫 NV)

キラー・エリート (ハヤカワ文庫 NV)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

クライヴ・オーウェン

 

キラー・エリート (2011年の映画) - Wikipedia

広告を非表示にする