読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「何者」 2012

何者 (新潮文庫)

★★★★☆

 

 就活対策のために集まった男女がそれぞれ思いを抱えながら、内定を得るために奮闘する。

 

 なかなか心に痛い小説だった。内定を得るよりも断られることの方が多いという、人生でほとんど経験することのない経験をしながらも、それでもそう簡単に止めることはできない就活。なかなか内定を得られない自分に悩み、同様にスタートした仲間の動向も気になり、内定を得たと聞けば嫉妬もする。

 

 そんな状況の中でも、自分は人とは違う特別な存在だと思うことで、なんとか自分を保とうとする。今どきらしくツイッターなんかで、それをアピールして。

 

なんか、思ってたことが全部出ちゃった。私ってこんなに子どもだったのかな

 p.257

 

 この小説に登場する人物たちは、なかなか自分の本音を言わない。就活を批判しながら就活する男や、学生なのに名刺を作り、配る女を笑いながら、何事もないように付き合っている。ある意味偉い。普通は距離取ったりしそうなものなのに。でも、もうちょっと本音を言い合っても良いような気がする。SNSなんかで吐き出さないで。

 

 就活に真正面から取り組む物語って、なかなか無いような気がするけど、著者がちゃんと就活しているのが生きているのだろうな。著者が若くしてデビューした事による利点を、ちゃんと利用出来ているような気がする。

 

  妙なプライドや虚栄心を捨て去って、素の自分を知ることが必要とか、就活は何かの宗教儀式のようなものにすら見えてしまう。なんでそこまでしなきゃいけないの、と思ってしまうが、そうすることに決めた以上は、やるしかないってことなんだろうな。就活を控えた人には、心構えとして読んでおくと良い作品。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

何者 (朝井リョウ) - Wikipedia

 

 

関連する作品

nanimono-movie.com

 

広告を非表示にする