読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 2015

映画 ★4 洋画

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

★★★★☆

 

監督/脚本/製作 ジョージ・ミラー

 

 核戦争後の世界をさまよう男がふとしたきっかけで、独裁者の搾取から逃亡を図る女たちと行動をともにするようになる。

 

 とりあえずこの仕上がってる世界観がすごい。v8エンジンを崇めたり、ギターで轟音をかき鳴らすだけの軍楽隊的役割の男とか、ゴテゴテの車とか笑ってしまうんだけど、納得している自分もいる。

 

 最初は対立していたはずのマックスと女たちが、いつの間にか仲間として戦っている所や、最初はまさに箱入り娘と行った感じで、何もできない頼りにならない女たちが徐々に自ら動き出し、たくましくなっていく姿など、意外と細かい部分も描けている。

 

  評判が良かっただけに自分の中でハードルを上げてしまった感はあるが、楽しめた。


出演 トム・ハーディシャーリーズ・セロンニコラス・ホルト/ヒュー・キース・バーン/ロージー・ハンティントン=ホワイトリーゾーイ・クラヴィッツ/ライリー・キーオ/アビー・リー・カーショウ/コートニー・イートン/ネイサン・ジョーンズ

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード - Wikipedia

 

関連する作品