BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「闇金ウシジマくん」 2012

闇金ウシジマくん

★★★☆☆

 

 成り上がりを目指すイベントサークルの代表と出会いカフェで生活費を稼ぐ女。

 

 金にまつわる人間模様を描いていて、意外とウシジマくんは何もしていない。彼らを説明している解説者のような存在。そして最後に彼らを懲らしめる。相手が誰であろうと公平に懲らしめるのが良いところなのかも。あまり関わり合いたくない種類の人間であっても、お構いなし。債権の回収よりも懲らしめることを優先している所を見てると、まるで神か何かのよう。

 

 意外と大島優子が適役だった。ちょうどいい感じの田舎の若者感。田舎には珍しいくらいの美人だったらもっと違う金の稼ぎ方があるだろうと思ってしまう所だが、彼女なら納得してしまった。

 

 それから、彼女の母親がどうやって借金を返済できたのかが謎。

 

監督 山口雅俊

 

原作

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

大島優子林遣都

 

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

 

闇金ウシジマくん (映画) - Wikipedia

 

関連する作品
闇金ウシジマくん Part 2
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする