BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ローグ アサシン」 2007

ローグ・アサシン (字幕版)

★★★☆☆

 

監督 フィリップ・G・アトウェル

 

 ヤクザとチャイニーズマフィアの抗争に巻き込まれ、相棒を失ったFBI捜査官。

 

 ヤクザが出てくるということでジェイソン・ステイサムの日本語を聞くことができるのだけど下手だなぁ。アクセントを文の頭においているので聞き取りづらい。その他、ハリウッドのイメージする日本が出てくるが、相変わらずいつものやつだ。まぁその違いも楽しめる余裕は持っていたい。これを楽しめるのは日本人だけなわけだから。

 

 最初はジェット・リーの動きが不可解に思えたが、意外な展開が待ち受けていた。しかし、ジェット・リーは何かが足りない。愛嬌かな。

 

 日本刀を使ったアクションが何度かあったが、割といい。銃撃戦ばかりだとワンパターンに陥るし。日本のチャンバラの刀の使い方とも違って棒を振り回しているような雑な使い方が新鮮だった。

 

 しかし、ヤクザとチャイニーズマフィアの抗争に、FBIも参戦したかのような殺し合いって面白いけど、意味わからんな。本当はヤクザとかマフィアは建前上、公権力には大人しくするものなのに容赦しないからこうなる。

 

 思わぬ展開もあり、なかなか面白かったんだけど、どこか腑に落ちないモヤモヤした気分が残る。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ジェット・リージョン・ローン

 

ローグ アサシン - Wikipedia

 

 

gyao.yahoo.co.jp

 

広告を非表示にする