BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「苦役列車」 2012

苦役列車 

★★★★☆

 

 一家離散し中学卒業後、日雇いで日々を暮らす男が、仕事先で同年代の男に話しかけられ仲良くなる。

 

 主人公の人との距離感がうまく取れない感じが切ない。中卒というコンプレックスがあるし、父親が性犯罪者だという負い目があり、どうせろくな人間になれないという自暴自棄の精神がある。

 

 そして、この年頃の人間にとっては孤独に暮らすということは、社会性を身につける大きな弊害となってしまうのかもしれない。己の欲望を素直に口に出すことは良くないことだ、とか、他者との距離感の図り方など、仲間との付き合いの中で覚えていく。不幸な環境にいた主人公にはそれがなかった。主人公が自分の一人称を「ぼく」というのにそれが現れているのかもしれない。こういうキャラクターは「おれ」とか使いそうなものなのに、幼稚さとともにどこか歪なものを感じる。

 

 青春映画にありがちな海で戯れるシーンもあるが、キラキラ輝いた海ではなくどんよりとした海で戯れる所が主人公の境遇を表しているのかもしれない。

 

 彼ほど露骨ではないが、皆彼と同じ部分を持っている。なので、どこかで彼に共感してしまっている自分がいる。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

原作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 森山未來高良健吾前田敦子マキタスポーツ田口トモロヲ

 

苦役列車

苦役列車

 

苦役列車 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする