BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キック・アス」 2010

キック・アス (字幕版)

★★★★☆

 

 アメコミ好きの普通の高校生が、ヒーローの扮装をして町に出る。

 

 タイトルはキック・アスだけど、メインはどう考えてもヒット・ガール。訓練を受けて強いんだけど、平気な顔して敵を倒していくのではなく、不安や恐れを顔に出す所がいい。可愛らしい。

 

 キック・アスはいきなり最初の活動で、普通に事件に巻き込まれてしまったのに、それでも続けたのがえらい。彼は別に特殊な能力なんかなくても、正義の心を持って行動するのが大事だと伝える役目だな。下手すると死んじゃうかもしれないけど。

 

 アメコミヒーロー映画と言えば特殊能力を使って敵を倒す、っていうのが定石だけど、よく考えたらこの映画、普通に銃撃戦で敵を倒していてヒーロー映画らしくない。扮装しているから誤魔化されてるけど。でも、そういう所が新鮮で面白かった。

 

監督/脚本/製作 マシュー・ヴォーン

 

原作

キック・アス (ShoPro Books)

キック・アス (ShoPro Books)

 

 

出演 アーロン・ジョンソンクリストファー・ミンツ=プラッセクロエ・グレース・モレッツニコラス・ケイジマーク・ストロング 

 

キック・アス (字幕版)
 

キック・アス (映画) - Wikipedia

 

関連する作品

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com