読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」 2008

洋画 映画 ★3

クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版)

★★★☆☆

 

 海外赴任のお別れパーティーの開催中に、突然正体不明の怪獣に街が襲撃される。

 

 エンディングの曲がどことなくゴジラっぽい。ゴジラ的なものに襲われた時、個人とか小集団の視点から見ればこんな感じだろうな、といういわゆるモキュメンタリー。しかし、ハリウッドって怪獣をスピード重視型で愛嬌のない形にしたがる。もっと重厚で可愛げのある怪獣にした方がいいんじゃないの。怪獣が殺られる時、どこかで可哀想と思えるような。

 

 なかなかその怪獣の全貌が分からないところとか、情報がぜんぜん入ってこないところとか、割とリアル。ただ、そんな簡単に日常から非日常に心が切り替わるかな。目の前の現実を受け入れたくなくて呆然としている時間帯が欲しかった。パニックになるぞって待ち構えていたような感じすらある。

 

 全貌がわからずに終わるのはモキュメンタリーらしくていいんだけど、最後きれいにまとまりすぎじゃない?

 

監督 マット・リーヴス

 

製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォーゲルオデット・ユーストマン/リジー・キャプランジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー

 

クローバーフィールド/HAKAISHA - Wikipedia

 

 

関連する作品
クローバーフィールド/HAKAISHA (竹書房文庫 DR 206)

クローバーフィールド/HAKAISHA (竹書房文庫 DR 206)

 
クローバーフィールド  KISHIN (角川コミックス・エース 202-1)

クローバーフィールド KISHIN (角川コミックス・エース 202-1)

 

 

 

広告を非表示にする