読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ノーカントリー」 2007

ノーカントリー (字幕版)

★★★☆☆

 

 多数の死体が転がるドラッグの取引現場跡を見つけ、そこで大金を持ち出した男が、殺し屋に追われる。

 

 冒頭の保安官が、ナレーションの主だと思わせておいて、すぐに殺されてしまうのが面白い。こんな風に所々に小憎たらしいシーンがあってニヤリとしてしまう。

 

 普通のアクション映画のような展開をしておいて、終盤急に違う様相となった。殺し屋との緊張感のある戦いから、一気に視点がでかくなったような。

 

 ハビエル・バルデムのただひたすら濃いキャラクターは、存在感があり怖さもあったが、その裏でトミー・リー・ジョーンズもいい演技をしていた。相変わらず。

 

 唐突な感じで話は終わるが、人々は争い、それはどんどん過激になっていくが、それを止めることは誰にもできないってことか。

 

監督/脚本/製作 ジョエル・コーエンイーサン・コーエン

 

原作

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)

 

 

出演 トミー・リー・ジョーンズハビエル・バルデムジョシュ・ブローリン

 

ノーカントリー (字幕版)
 

ノーカントリー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする