読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マネーボール」 2011

マネーボール (字幕版)

 

★★★★☆

 

 中心選手が移籍し、選手獲得の予算もない状況で新シーズンを戦うことになるアスレチックスのGMが、独自の選手評価システムを導入する。

 

 ドラフト一位で獲得した選手でも、必ずしも一流の結果を残すことでは無いということを考えると、確かにスカウトの経験や勘なんてものはそんなに当てにはならない。映画の中のスカウトの会議も、イメージや雰囲気で語っている。あいつはいい顔しているからいい選手だ、なんて、何いってんの、って感じてしまう。

 

 単純にゲームとして捉えたら、データを見て、勝利の確率を高める事ができる選手を獲得するっていうのは凄い納得できる。

 

 ただ、それに反対する人がたくさんいるっていうのも納得できる部分がある。映画の中の連勝を決めたホームランのように、100回やったら1回できるかどうかの事が見られるからスポーツは面白いわけだし。そういうロマンを求めている部分はある。

 

 選手の評価をこれまでの方法と変えるっていうのは分かったんだけど、あまり映画の中では詳しく語られていないし、実際どうだったかも曖昧。そこをもっと詳しくやって欲しかった。 

 

監督 ベネット・ミラー


原作

 

製作/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 ジョナ・ヒル

bookcites.hatenadiary.com

 

マネーボール (字幕版)
 

マネーボール (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする