読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「凶悪」 2013

邦画 映画 ★4

凶悪

★★★★☆

 

 雑誌編集部に、死刑判決を受け控訴中の男から手紙が届く。

 

 ピエール瀧リリー・フランキーが生き生きとしているように見えるのは、気のせいだろうか。演技とは分かっているけども。

 

 ピエール瀧演じる男のような人間は、たしかに怖いけど、遅かれ早かれ捕まるのが目に見えている。だけど、リリー・フランキーが演じているような男は、なかなかその尻尾を見せず捕まらないのでたちが悪い。この事件も実際、共犯者の上申書がなければ発覚しなかったわけだし。暴行シーンでの、見ているだけでは収まらず、自分もやりたくなって、しかも一番酷いことをするっていうのがヤバさを表している。

 

 こういう事がきっと、今現在もどこかで人知れず起こっているんだろうな、と思うと、恐ろしい。警察が事件を見逃していたっていうのも地味に怖い。

 

 記者が事件を調査、取材している所からいつの間にか犯行当時に切り替わって、冒頭のシーンに繋がっていくという展開はうまい。ただ、記者の母親と奥さんのありがちな話は必要だったかな。この恐ろしんだけど、どこかで面白がってしまっている人々の気持ちを奥さんに代弁させたかったのかな。

 

監督/脚本 白石和彌


原作 

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ピエール瀧リリー・フランキー池脇千鶴

 

凶悪

凶悪

 

凶悪 (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする