読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「百円の恋」 2014

邦画 映画 ★4

百円の恋

★★★★☆

 

 引きこもっていた女が家族とのいざこざから、家を出てアルバイトを始める。

 

 このタイトルから想像がつかなかったボクシング映画。安藤サクラの突然のキレッキレの動きに驚いてしまった。しかし、ボクシング映画をみると条件反射的に「ロッキー」を思い浮かべてしまう。それだけ「ロッキー」の、映画における位置が確固たるものなんだろうな。

 

 新井浩文の何考えてるか良くわからないキャラクターが良かった。いつもの演技っていえばいつもの演技なんだけど、多分他の役者がやったらこうも自然な感じにはならなかったと思う。

 

 段々と変わっていく娘の姿を見て、父親がしみじみという「年取っても自分に自信がない人間はみじめ」という言葉が心に残った。

 

監督 武正晴

 

出演 安藤サクラ新井浩文

 

百円の恋

百円の恋

 

百円の恋 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

 

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする