読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「紙の月」 2014

邦画 映画 ★3

紙の月

★★★☆☆

 

 銀行に勤める女が、顧客から預かった金を横領し、男に貢ぐようになる。

 

 時々ニュースで見る横領事件の犯人の気持ちが良くわかる。ニュースで見るとよく何億も盗れるな、と思うんだけど、実際は小さな出来事の積み重ね。些細なことからスタートし、段々と大胆になっていく。

 

 映画は主人公が、若い男になんで惹かれたのかがちょっと良く分からない。二人の出会いがなんか別の事件の匂いがしてしまって、ちょっと怖かった。

 

 犯行がバレて小林聡美と言い合う場面もちょっと長過ぎの感もあるし、ラストもちょっと冷める。ただその間にあった主人公が走り出すまでの一連のシーンは爽快感があった。

 

監督 吉田大八

 

原作

紙の月 (ハルキ文庫)

紙の月 (ハルキ文庫)

 

 

出演 宮沢りえ池松壮亮大島優子田辺誠一小林聡美

 

紙の月

紙の月

 

紙の月 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする