BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「武士の献立」 2013

武士の献立

★★☆☆☆

 

 料理の得意な女中の女が、包丁侍の嫁となる。

 

 タイトルとは裏腹に、さほど料理に重きを置いている感じはなく、加賀騒動におけるある武士とその嫁の話といった感じ。とはいえそちらも中途半端感が残る。

 

 プロが手際よく料理しているシーンは結構好きなんだけど、それだけでは映画が持たないと思ったんだろうな。

 

 侍なのに包丁を握らされて料理をしなければならないというジレンマは理解できるけど、いつその未練を断ち切ったのかよくわからないし、そもそも未練を断ち切れたのかも分からない。終盤の女が取った行動も独りよがりで見ていてイライラした。

 

 それぞれのシーンを個別に見ればいいシーンなのかもしれないが、通して見るとキャラクターの心情の変化などが何も見えなくて、全然伝わってこない。

 

監督/脚本 朝原雄三

 

出演 上戸彩高良健吾余貴美子中村雅俊(声)

bookcites.hatenadiary.com

  

武士の献立

武士の献立

 

武士の献立 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする