BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キング・オブ・コメディ」 1983

キング・オブ・コメディ 特別編集版 (字幕版)

★★★★☆

 

 人気コメディアンとのコネをきっかけに、なんとかスターになろうとする男。

 

 タイトル的に長い下積みの末、才能が開花してスターになる、みたいな成功物語を予想していたんだけど、全然違った。斜め上の展開。

 

 人気コメディアンに憧れ、その姿を真似るロバート・デ・ニーロの偏執的な演技が相変わらずヤバさを醸し出している。そしてその独りよがりのヤバさが、うまくコメディの方に転んでいて面白い。

 

 コメディアン役が主役だと、コメディアン自体の能力で笑かそうとしてきそうなものだが、彼自体でなく、彼が取る行動や状況で笑かしてくるのがうまく出来てるな、と。

 

 全然下積みのために舞台に立とうとしなかったくせに、ちゃんと大舞台で笑いを取ったりして、しかも結果的に成功を手にするのは凄いハッピーエンドなはずなんだけど、その状況がどこか社会の闇のような、皮肉なものを感じて、後味の悪さが残る。だけど、逆にそれが良い。

 

監督 マーティン・スコセッシ

出演 

bookcites.hatenadiary.com

ジェリー・ルイス/ダイアン・アボット/サンドラ・バーンハード/シェリー・ハック

 

キング・オブ・コメディ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする